読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの愛。SHINeeってアレだ、超面白い。

소품집 이야기 Op.2 Lonely


Lonely





미안해 내 탓이야 고마워 덕분이야
ごめんね 私がだめなの ありがとう あなたのおかげだよ
툭하면 내뱉던 네 그 말버릇
決まって口にしていた君の口癖
너도 힘든 걸 난 다 아는데
君も辛いってこと僕は全部わかってるのに
아마 넌 내가 바본 줄 아나 봐
きっと君は僕がばかだって思ってるんだよね

우는 얼굴로 나 힘들다 하면
泣きながら私疲れたよって言えば
정말 나아질까
本当に良くなるのかな
그럼 누가 힘들까 아프다 징징대면
じゃあ誰が辛いの 苦しいと泣き言を言えば
모두 다 괜찮아지는데
みんな大丈夫になるのに

아마 너와 난 착각 속에
きっと君と僕は錯覚の中に
서로를 가둬둔 지 몰라
お互いを閉じ込めたのかもしれない

아냐 너는 날 이해 못 해
ううん あなたは私を理解出来ないよ
걱정 어린 네 눈을 볼 때면
心配そうなあなたの目を見ると

Baby I’m so Lonely so Lonely
나는 혼자 있는 것만 같아요
僕は1人でいるみたいなんだよ
지친 널 볼 때면 내가 너에게
疲れた君を見ると 僕は君にとって
혹시 짐이 될까 많이 버거울까
もしかして重荷なのかな 厄介なのかなって

Baby I’m so Lonely so Lonely
나도 혼자 있는 것만 같아요
私も1人でいるみたいよ
그래도 너에게 티 내기 싫어
それでもあなたに見せたくないの
나는 혼자 참는 게 더 익숙해
私は1人で我慢する方が慣れてるの
날 이해해줘
私を理解して

우린 함께 있지만 같이 걷질 않잖아
僕ら一緒にいるけど 一緒に歩いてはいないよね
외로움과 괴로움
寂しさと苦しみ
기억 하나 차인 건데
記憶1つの差なのに
넌 왜 자꾸 다르게만
君はどうしていつも違うように
적으려 하는 건지
書き記そうとするの

Baby I’m so Lonely so Lonely
나는 혼자 있는 것만 같아요
私1人でいるみたいなの
그래도 너에게 티 내기 싫어
それでもあなたに見せたくないの
나는 혼자 참는 게 더 익숙해
私は1人で我慢する方が慣れてるから
날 이해해줘
私を理解して

날 내버려 둬
私を放っておいて

Baby I’m so Lonely so Lonely
나는 혼자 있는 것만 같아요
僕は1人でいるみたいなんだよ
Baby I’m so Lonely so Lonely
나도 혼자 있는 것만 같아요
私も1人でいるみたいよ
그래도 너에게 숨기기 싫어
それでもあなたに見せたくないの
나는 혼자 참는 게 더 익숙해
私は1人で我慢する方が慣れてるの
날 이해해줘
私を理解して


________________________


당신은 언제 가장 외롭나요
あなたはどんな時が一番寂しいですか
난 혼자일 때보다 둘일 때가 더 외로워요
僕は1人の時より2人の時が寂しく感じます
둘 보다는 셋이 셋보다는 넷이
2人よりも3人 3人よりも4人の時が

나의 외로움은 나눠 마실 수 없는 까만 물이어서
僕の寂しさは分け合って飲むことの出来ない黒い水なので
내 속에만 담아둘 거에요
僕の中にだけ溜まっていくのです

그래서 난 숨고 숨고 또 숨죠
だから僕は隠れて隠れてまた隠れます
그래서 외롭고 더 외롭죠
だから寂しくて更に寂しくなります

'날 내버려 둬'
'私を放っておいて'

이 말은 날 이해해 달라는 저만의 언어예요
この言葉は僕を理解してほしいという私だけの言葉です
표피가 거칠어서 스치기만해도 남에게 상처를 줘요
肌が触れて擦れただけでも誰かに傷を与えます

그러니 날 내버려 둬요
だから僕を放っておいてください
그러니 날 이해해 줘요
だから僕を理解してください

이기적이게 굴어 미안해요
自分勝手でごめんなさい
그래도 이게 나니까 함께하려면 각오해야 해요
それでもこれが僕だから一緒にいようと思うなら覚悟しなくちゃいけません

Lonely를 쓰기 직전에 썼던 곡의 가사다.
Lonelyを書く直前に書いた曲の歌詞だ。
이 가사를 수십 번 곱씹다가,저런 이기적인 사람을 사랑하는 사람은 얼마나 지칠까 생각했다.
この歌詞を数十回悩みに悩んで、こんな自分勝手な人を愛する人はどれだけ疲れるのか考えた。
(Lonely에서의 여성 화자는 위 가사 화자와 같이 이기적인 성격을 지녔다.)
(Lonelyでの女性の話者は上の歌詞の話者と同じく自分勝手な性格を持った。)
그리고 그 둘이 대화를 나누는 곡을 썼다.
そしてこの2人が会話を交わす曲を書いた。
그 곡이 Lonely다.
その曲がLonelyだ。

함께 있지만 서로에게 더 외로움을 주는 두 존재.
一緒にいるのにお互いに更に寂しさを与える2人の存在。
혼자 참는 걸 더 익숙해 하고 슬픔을 나누는 게 부담스러운 여자
1人で我慢することに慣れていて悲しみを分け合うことに負担を感じる女
그런 상대의 외로움을 나눠 들지 못해 안달이 나 본인마저 외로워진 남자
そんな相手の寂しさをどうにも出来ず苛立ち自分自身までも寂しくなった男


나의 세상에서 외로움은,'긍정적 감정'과 '부정적 감정'이라는 두 감정의 집합 중 어디에도 포함되지 않는다. 혹은 두 집합 모두에 들어간다.
僕の世界で寂しさは'肯定的な感情'と否定的な感情'という2つの感情の中のどこにも含まれていない。あるいはどちらにも全てが含まれている。

외로움은 그대로 외로움이다.
悲しみはそのまま悲しみである。

어느 쪽으로도 사용 될 수 있는 변화무쌍한 감정.
どちらでも使える変幻自在な感情。
모두가 겪고 있고 색채를 스스로 결정해야 하는 감정.
みんなが経験していて色彩を自ら決めなければならない感情。

Lonely는 내가 쓴 곡이지만 이 곡의 두 주인공이 이 이후 어떻게 되었는지 모른다.
Lonelyは僕が書いた曲だがこの曲の2人の主人公がこの後どうなるかは分からない。
다만,살아가는 법은 다르지만 사랑하는 법은 같길 바라고,
그들의 이야기를 써 내린 나도,그걸 들어준 당신도,사랑하는 이의 삶의 방식을 감싸 안을 수 있는 사람이 되길 바란다.
ただし、生き方は違っても愛し方は同じだと願っているし、彼らの話を書き終えた僕も、それを聴いてくれたあなたも、愛する人の生き方を包み込めるような人になれるように願っている。




..

사실 저런 건 다 멋 부리는 말들이야
実際あぁいうのは全部かっこつけた言葉ばかりだ
그냥 날 이해해줬으면 해서 썼어
ただ僕を理解してくれたらと思って書いた
다른 모양이라도 사랑하며 살아가고 싶어서
違う姿形でも愛しながら生きて行きたくて
그래서 썼어
だから書いたんだ

170430 代々木レポとただの愛

代々木ィィイイィイ!あーあ楽しい楽しい楽しい寂しいㅠㅠて感じで鳴り止まないシャイニコールににこにこしてました

さてレポです!




最初の挨拶にて

「はーいただいまーㅎㅅㅎ」
「ギャー!!!」
「皆さんお元気ですか?ㅎㅅㅎ」
「イェーイ!」
「(聞こえないとでもいうように)お元気ですかぁ??ㅎㅅㅎ」
「イェェエェエイ!!!!!」
「(ジョンヒョンの方を向いて)お元気デス⌒▽⌒(高音)」

〜クールジョンヒョンすぐニコニコする〜完



________________

テミンちゃん×キーくん

①ペンラの色が変わる話にて
「すごい世の中になりましたね〜'ㅂ'」的なことをキーくんが言ったら「Bluetooth?δvδ」「Bluetoothでは絶対にないですね'ㅂ'」「電波と聞きましたよㅎㅅㅎ」「だからこれ原宿近所でも色変わりますδvδ(キーくんに見えないようにニタァ)」まじで驚くキーくん◉ㅂ◉「うそですδvδニタァ」


②YNで「あめ〜!」と屋根の下に逃げる時にテミンちゃんがキーくんを屋根の下に行かせまいと思いっきり反対側に押してキャッキャしてたけど、「ウッ」という声が漏れたのにニコニコしてるキーくん'ㅂ'


お兄ちゃんをからかったりいじめないでくださいテミンちゃんδvδでも原宿近所のくだりは、テミンちゃんの底知れぬ日本語のお勉強の成果であるとも言えるよね!スタッフさんに色々話聞いたり新しい日本語を話したいといつも努力してくれるからこそ、キーくんも新しい情報をテミンちゃんが発信したと思ったんだと思うよ!(ポジ)だからキーくんもやっぱりテミンちゃんのその努力を認めてるんだと改めて分かって私は嬉しいよ!\ヨッッッッ/

__________________


ジョンヒョン×ミノくん
(〜ミノくんに何か恨みでもあるの?編〜)


①100分の1チャレンジにて

「女性を含まない男同士で来てる人ㅍ_ㅍ!8人!!」

数え終わった後のジョンヒョン「しっぱい!大失敗!じゃんねんですが、最後まで失敗でしたねーㅎㅅㅎ」←超塩



②100分の1チャレンジ終わりでペンラを片付ける際

キーくんの背中の縫い付けてある部分にペンライトを差し込みぬわぁあ>ㅂ<となってる様子を見て

「面白くないㅎㅅㅎ」 ←超超塩


そのままペンライト5個を抱え込んで返却ㅎㅅㅎ←超可愛い


③代々木レポ 最後の挨拶にて

「最後のツアーでしたがㅍ_ㅍ」
「ツアーの最後でしょㅎㅅㅎ」←優しさ含む塩
(キーくんめっちゃウケてる)
「変えちゃうと大変なことになりますよㅎㅅㅎ」←優しさ
「一瞬寂しくなった'ㅂ'」




....なんっ!!!!?
ミノくんなんかした!?ジョンヒョンになんかしたの?!ってぐらいジョンヒョンがミノくんを目の敵のように扱ってましたwww 最後の挨拶は優しさですが言い方は塩でしたしね!でも結局ジョンヒョンはミノくんを見上げるからなあ…見上げながら睨んでも可愛いだけだしなあ…ジョンヒョンのツンツンて可愛いですよね、ね(結論)

_______________




YNで薔薇と眼鏡がメンバーみんなに回ったんだけど身につけたジョンヒョンお尻ふりふりしてたんですけどめちゃくちゃぶりっこでした。薔薇と眼鏡のつけるタイミング違かったんだけど毎回それを指差して(わー付けてるー!⌒▽⌒)」て喜ぶオニュさん→キーくんに引き継がれる→ミノくんが薔薇だけもらう→テミンちゃんに引き継がれる→「どこに行きましたか?'ㅂ'」「スタッフさんにあげましたδvδ」

時間にするとジョンヒョンがいっちばん長く装着してました!!!なぜなら!可愛いと!知ってるからです!!


___________________


Get The Treasureのオンジョンのおてて見てたんですけど、ジョンヒョンの手がオニュさんの手の上に上手く着陸出来ず「ㅎㅅㅎ!?!?」とオニュさんの手を探す為に右をすぐ見てしっかり掴んだところで目線を戻すとオニュさんも左向いて「⌒⌒??」となってて見つめ合うにはニアミスだったけどすごく好きでした。一旦ジョンヒョンが手だけで探したのも良かったです…


___________________


MTTMでジョンヒョンが誰にも指示しないのでまさか…?と思ったけど予想通り全員が(きもちわるく)各自自由に踊ってて楽屋で打ち合わせ済みだよね!!その後のジョンヒョンが満足そうににこにこしてたので幸せな気持ちになったよ!!!!!なんか良くないですか?最後だし全員でしょって誰かが言っても絶対誰も否定しないのが想像つくしゃいにちゃんって!!!!


__________________



最後の挨拶にて


170430 最後の挨拶
「全部で24公演でしたよね?⌒▽⌒」
「25公演じゃない?'ㅂ'」
「あぁ25公演ですか??⌒⌒;25公演…비슷했어요⌒▽⌒(意訳:同じようなものです)」



アコースティックver.が終わった後ジョンヒョン「신난다 신난다ㅎㅅㅎ🎶(楽しい楽しい~!)」オニュさんが最後の挨拶で「고맙습니다⌒▽⌒(ありがとうございます)」ミノくんも「사랑합니다ㅍ▽ㅍ(愛してます)」

とーっても楽しそうで、それ故に出る韓国語が嬉しい〜
비슷했어요のオニュさんにこにこしながらちょっと反抗したの可愛い〜〜〜!そうやってツアー締め括りの挨拶をしてくれるようとしたのが嬉しかったよ〜〜〜!(甘)


_____________________



あ〜〜楽しかった!
今日はよく韓国語が飛び出す日でしたね!思い出すのは「言いたいことを伝えられるように日本語をもっと勉強します、(まだ上手く伝えられず)申し訳ないです。これは皆さんが聞き取れる言葉だと思います。感謝していますし、愛してます」初のドームコンのラストでオニュさんが韓国語で言った言葉。自分の言葉で伝えたいと思ってくれる、伝わってると思ってくれてるのはやっぱり嬉しいものですㅜㅜあの日の帰り際に、韓国語の挨拶が長すぎると怒ってる方を見てしまい韓国語=韓国ファンのみに向けた言葉(日本のツアーなのに!)だと誤解される方もいらっしゃるのかなと思ってるので、メンバーから韓国語が出ると誤解されませんように。と思うようになりました。だから、今日話してくれた韓国語も楽しすぎて出たんだと伝わってほしいと…無駄な心配かもしれないけどㅠㅠそして、ありがとうと愛してるという日本語を知っていながら韓国語で話してくれるのが彼らのファンを大切にしてる証拠ですよね。う〜ん楽しかった。ドームの発表を心待ちにしてた分さみしい気持ちもあるけど個人の活動や韓国での活動により一層期待します。これはもう結構前からだけどいつの間にかしゃいにとの距離感が気にならなくなってて、しゃいにもしゃおるも楽しみ方を共有するようになって同じ空間にいるんだなってことがすごく分かるというか、今回のFIVEってすごく"魅せる"ステージが多かったのに、それだけじゃなくて、寄り添ってくれるんですよね…Diamond Skyで何度も何度も深くお辞儀してるメンバーを見て、あぁこれからもずっと素敵な思い出を作りましょうねとオニュさんの言葉を復唱したよね…個性が活きたまま、どんどん新しいものを魅せてくれて、どんどん近づいてきてくれるしゃいにちゃん。これだけ多くの公演を日本でしてくれることをなんだか改めてものすごく、ものすごーく有難くて幸せだなって思うなぁぁあ

なんか湿っぽくなりましたけど⌒⌒

まとめると、しゃいにちゃんまじすき、ちょー愛してるってことですっ!


今回も素敵な思い出をありがとう!!!!!!!⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎

170411.0412 たまアリ レポ


福岡振りのSW~~!
セトリとか忘れたので新鮮な気持ちで臨めました笑




まずは0411~

最初のMCにて
「今日は雨が降ってますが、負けずに最後まで頑張りますのでよろしくお願いします'ㅂ'」
「雨にマケナイデス!!!!!!⌒▽⌒」
オニュさんがとても元気かつ可愛い


______


セッションは毎回違っていいという話
「ジョンくん今日3回も…(オクターブ上げた)'ㅂ'」
(実際にやるㅎㅅㅎ)
「4回ですねㅍ▽ㅍ」
「でもいつもあんな感じで話しますよね'ㅂ'」
「ええああん?!?!??ㅎㅅㅎ」
「さっき裏で"頑張ってね⤴︎⤴︎♡(高音)"って言ってて嬉しかったけど可愛すぎましたδvδ」
「胸キュン⌒▽⌒」

そう…〜ここからジョンヒョンいじりが始まるのだった〜


→Your Numberにて
曲前にミンキ「あめぇぇえ⤴︎⤴︎⤴︎」「あめぇえ⤴︎⤴︎」とふざけてジョンヒョンに睨まれる。テミンパート「降り出した雨〜♪」にも被せて「あめぇえ⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎」と入ってくるキーくん。

→100分の1クイズにて
色を変えてみましょう〜天邪鬼がいるぅδvδの時にみんなで黄色にするとオニュさん「きいろおぉお⤴︎⤴︎⤴︎⌒▽⌒」 ジョンヒョン睨まれて「もういい加減に〒〆%€!!ㅎㅅㅎ」

どこか忘れてたけどこのくだりをやられてる時のジョンヒョン「なんでいじめ!!ㅎㅅㅎ」てプンプンしてた。キーくんに向かって言ってたから最初のMCかな。いじられジョンヒョンだあいすきTTかわいいんだもの(性悪)



__________

100分の1チャレンジの感動
「銀婚式って知ってますか?僕も最近覚えたんですけど結婚25年になる人たちのことをいうそうです!だから、夫婦で来られてて銀婚式を迎えた人!予想はふたり!!δvδ」と最近覚えた単語でチャレンジ。

400レベルのいっちばん上から見える赤い光にスポット。ご夫婦でいらしてて銀婚式を迎えられた2人に拍手喝采でテミンちゃんも「初めて当たった!δvδ」と喜んでたし長いことみーんなですごいねぇと喜んでた。

そんな中
銀婚式ってなんだなんだ⌒▽⌒なオニュさん。
ジョンヒョン「銀婚式銀婚式ㅎㅅㅎ」テミンちゃん「結婚して25年迎えることδvδ」って韓国語で教えてあげてたんだけどその後に「今韓国語で説明してあげましたㅎㅅㅎ」って客席置いていかないように教えてくれた優しいねありがとうね。

それに続いて
「結婚50年だと金婚式というそうですδvδ」
「まさかそのまま違う質問に行くんじゃないよね?'ㅂ'」
がとても兄弟。


その後、次の曲だ〜ってなった時にテミンちゃん「はやくペンライトを片付けてくださいδvδ」って指示出して真ん中に立ってたのめっちゃ笑ったしテミンちゃんの分まで片付けたジョンヒョンが何も言わないのも笑ったしキーくんの「お兄さんに命令するな'ㅂ'」も笑った


_____________________



Your Numberのオニュさん電話の台詞

「これから映画見に行こう⌒▽⌒」

についてMC時「本当は桜見に行こうにしたかったんだけど今日雨だから…⌒⌒」の気遣いなんですか!?!映画なら??屋内だし??なんなら??さいたま新都心降りて?雨に濡れずに行けるし?!!(そこまでは知らないだろ)カァァア優しさがツライよ…あとオニュさんてそういうの言いそうだよね。"今日本当は桜一緒にみたかったんだけど…散らないといいなあ"とか横で言いそうだよね。"来年見たらいいじゃんㅎㅅ//" "うん⌒⌒"てなるでしょ(※自分とオニュさんよりオンジョンのが想像しやすいためジョンヒョン登場)




で、そのオニュさんの

「これから映画見に行こう⌒▽⌒」

を実現させられるのはダレデスカ!この子です

この世界の片隅にという映画があるじゃないですか?δvδ」
「えっ?なんて言った?⌒▽⌒(素)」
「この!世界の!片隅に!!δvδ」
〜ジョンヒョン爆笑中〜
「周りの人からとても感動的と聞きました。オニュさんが映画見に行こうって言ってたから、オッケ!て思いましたδvδ」
「さっきテミンくんの電話番号だったんですか?ㅎㅅㅎ」
「あ、そうなの?⌒⌒」


テミンちゃんダッタネ。
もう見る映画キマッテルネ。
まだ日本に来る予定もアルネ。

ということで全世界のオニュペンの皆さんは映画見に行く支度しても無駄です(地雷)なに見ようかなとか無駄です(地雷)さっさとこの世界の片隅にを見てせいぜいオンテムの話に置いてかれないようにすることぐらいしか出来ることはないでしょう…強く生きて…(完)(自爆)



_______



名古屋にて100回記念をお祝いした話
「名古屋で100回目の公演をしました。僕らも100回が近づいてるのは知ってたんですけどあの日が100回目とは知らなくて'ㅂ'」
「お祝いしてもらいましたよねδvδ」
「…ドッキリ?⌒▽⌒」
「サプライズですㅎㅅㅎ!」
「1000回目もお祝いお願いしまぁすδvδ♡」
客席「するー!」

____________



えびばでの1回目リフト
双眼鏡に映り込むオンジョン…のすぐ近くテムキ!?!?!なん?!と思ったらキーくんリフトが位置間違えてたのか、ジョンヒョンとテミンが見つめ合う距離近すぎて2人とも笑っちゃってましたね。双眼鏡に5人がピタッとハマってくれて嬉しかったし笑いながら腕動かすテミンちゃんとジョンヒョンまじカワイイ。


______________


オニュさんとミノくんで富士急に行った話で
「何乗りましたか??'ㅂ'」
「ふじやまㅍㅍ!あとぉ〜」
客席「ええじゃないか!ええじゃないか!」
「あーええじゃないかは〜ㅍㅍ」
「ジェットライス?ジェットライス?δvδ」


どんな聞き間違い!?!!

ごめん!ミノ!オニュさん!2人が富士急に行って何乗ったか超知りたかったし楽しかったかとかすごい気になってたけど、テミンちゃんのジェットライスで私は爆笑して崩れ落ちた!!!!!!ジェットライスって!!なに!!!!!

_________________



最後の挨拶にて
「今日もありがとうㅎㅅㅎ!!またアイマショウ!!」
「なんか冷たくないですか?δvδ」
「(テミンちゃんを睨みながら)んあ??心で(通じ合ってるから)ㅎㅅㅎ」
「あ〜僕には伝わってこなかったです!δvδ」

きびしいぃいぃい\(^o ^)/



11日はテミンちゃんが爆発してたイメージで末っ子つよしだとお兄ちゃんたちがかわいいので私もるんるんでした。あとテミンちゃんのあの前髪はもう拝めないのかなあ福岡で見た後だったので伸びすぎてて笑いました。








はい次!2日目!



インパクト強すぎたブルゾンちえみさんから〜
2月時点でキーくんやってくんないかな〜withミニュで。と呟いてたら、その後にキーくんがブルゾンちえみさんのインスタにコメント残してそこからはいつ叶ってもおかしくなくない?!となってたけどまさかさあ〜生で見れるとはさ〜!!


YouTubeで見せたじゃん!こんな服着てぇ(テミンちゃんの衣装)つよいメイクしてぇ!!'ㅂ'」
「あ〜!女に生まれて、よかったδvδ」

〜ここで一度死亡〜

「花は〜蜜蜂を探しにいきますか?'ㅂ'

探さない、待つの'ㅂ'」

〜ほぼ叶った〜


今日来てくれてるんです〜て画面に映し出されるブルゾンさん。やってもらいましょうぅううってなって

「マイクいらないㅎㅅㅎ」
「この世界の中でしゃいにのファンは何人いると思いますか?'ㅂ'」
ブルゾンちえみ、振り向きざまに口パクで
キーくんアテレコ「35億'ㅂ'」

んぎゃーーーーー!てなってたのはキーくんwww嬉しすぎてステージに転がって喜んでたww キーくんが大好きなギャグウーマンに会えてよかったーーー!!



________




Your Numberのオニュの電話の台詞

ゴールデンウィーク空いてる?⌒▽⌒」

について
「いつも思うんですけどあれいつも変えてるじゃないですか?それで最後まで言ってないのにぎゃー!ってなりますよね!今日もゴールデンウィークキャーーーーー!って。まだ全部言ってないじゃん!'ㅂ'」
ゴールデンウィークが好きなんじゃないですか???ㅎㅅㅎゴールデンウィーーク!!!ㅎㅅㅎ」
客席「イェェエエエエエェエイ」

「花火の時も花火までしか言ってないのに'ㅂ'」
「花火がすきなんですよ!δvδ」
「花火ィイイイィイイ!ㅍ▽ㅍ」
客席「イェエエエェェエイ」
「テミィイィイィイインδvδ」
客席「イェエエエエェイ」
「オニュゥゥウウウㅎㅅㅎ」
客席「イェエエェェエエイ」
「ジョンヒョォォオンㅎㅅㅎ」
客席「イェエェエエエェエイ」
「ミノォオオォオオオオδvδ」
客席「イェエエエェェイ」
「キィイイィイィイイい!δvδ」
客席「イェェエェエエエィ」
「明日は金曜日ィイィイイィイィイイδvδ」
客席「ィェエエエェエエエェエエエイ」

「金曜日じゃないし!笑 明日木曜日だし!笑 みんなもイェェイって!!優しいから!!!'ㅂ'」


めっちゃ楽しかった。イエイイエイ言ってる中キーくんだけ冷静でめっちゃ萌えた。



______________

末っ子は最強と思った瞬間

ゴールデンウィークの話してる時
「僕たちも連れてってくださいδvδ!!!!ハワイがいいですね〜〜δvδ」

行き先はテミンちゃんが決めるし段取りはこっちにやらせる予定なテミンちゃんは最強。


→100分の1クイズにて
「車で2時間以上かけて来た人!⌒⌒」の質問を考えたオニュさんに「自転車はだめですか?δvδ」とテミンちゃん。キーくん 「ぼくはできない'ㅂ'」とちゃんと答えてあげるしオニュさん「車か自転車で2時間以上かけて来た人⌒⌒」に変えてあげるし末っ子は最強。


→最初のMC
「今日も楽しみましょうㅎㅅㅎ」的な一言に
「もう終わりですか?もっとあると思いましたδvδ」
と1日目に引き続きジョンヒョニヒョンに厳しいテミンちゃん最強。ちなみにジョンヒョン、この日は言い返すことをやめて頷いて時間経つの待ってて怒るともっといじられることを学んでた、笑った



そんな最強テミンちゃんですが、途中イヤモニが絡まってて苦労してましたよねTT後から知りましたが、ピアスと絡まって血が出てたそうで…気分が下がったり上がったりな理由はここですよね多分TTでもめりみゅあたりから、ヒョンたちとわちゃわちゃして自分からキーくん笑かしに行った時に、戻ってきたね;;と微笑ましくなったしオニュさんとも戯れてたので安心しました。やはりテミンちゃんには明るく元気にしててほしいし客席と遊んでほしいし難しい日本語覚えたよって教えてほしい!!のでにこにこ見れて嬉しかったです〜


___________


「皆さんは何の曲がすきですか?δvδ」
「ぼくは〜ㅎㅅㅎ」
「Gentlemanって言って'ㅂ'」
「はい…Gentlemanです!ㅎㅅㅎ」
「オニュさんは?δvδ」
「決めてください⌒▽⌒」
「Melodyδvδ」
「はいMelodyが好きです、いいメロディです⌒▽⌒」

年上の決定権剥奪ワロタ

___________


めりみゅダンスブレイクにて
ジョンヒョンがキーくんを真ん中に放つ→キーくんは紹介するお仕事に徹してて気を抜いてたので予想外すぎて

「뭐하지??(なにしよう)>ㅂ< 」

と咄嗟に韓国語出たままカクカク動いてジョンヒョン満足そうに爆笑してた。


KA・WA・I・I !!!!!
ジョンヒョン最初テミンちゃんのこと指差してたから、お?って思ってたんだけどまさかのキーくんを引っ張って来たのでびっくりしたし、やっぱりキーくんの出ちゃった韓国語最高にかわいい><あぁいうのどんどんくれ…


________________


MCにて
「今日ロメンティックじゃないですか???ㅎㅅㅎ」
「ロマンティック⌒⌒」(個人的にここ好き)
「なにが?'ㅂ'」
「僕の表情がㅎㅅㅎ笑」
「どんな表情ですか?やってくださいㅍ_ㅍ」
(ちょっとやる)(突然オニュさんの方を向く)
「オニュさんを見ると自動でできますㅎㅅㅎ」
〜オニュを見ながらロメンティックな表情するとオニュさん照れたふり〜


遡るのこと数十分、Sweet Surpriseにて
オニュさんとジョンヒョンが見つめ合いまくっててミノが巻き込み事故で笑っちゃって歌ってるのにニヤニヤしてるのも画面に映っちゃってオンジョンいい加減にしてほしかったしその後のMCで「(ロマンティックな顔は)オニュさん見れば自動でできますㅎㅅㅎ」は多分これ



いい加減にして!?!?
前回ツアーからSweet Surpriseのオンジョンはそういうのがあったので要注意曲だったけど、今回たまアリ2日目ひどかったよ!!!!オニュさんの表情は見れない位置だったけどいつもならさ、目が合ったら表情が緩んだまま逸らすじゃんジョンヒョン!!なに見つめ合ってんの!!!見つめ合いっぱなしってなに!!!間にいるミノだってそりゃ気になるでしょうが!!それでミノがニタニタしちゃったまま画面に映るから会場どよめくじゃん!!やっとオニュさん視線を客席にしてオンジョンタイム終了したじゃん??なにした?ジョンヒョンになにしました?とても満足そうな表情でしたけど!!!!!正面でみたかったじゃん!!!!(そっち)オニュさんの表情情報求ム


___________


えびばでのリフト2回目
ジョンヒョン担いだオニュさん位置訂正の為、前に普通に歩いていくのでえー!すごー!担ぎながら?!ジョンヒョン肩外れない?!と驚いたんだけど、その後おろして手を繋ぎながらジョンヒョンも、今歩いてたね!?ㅎㅅㅎて感じでオニュさん見てた、可愛かった


___________


ちょっとこれ見てた人挙手してほしいんですけど、一緒に分かち合いんですけど


Your Numberの最初のテミンパートからジョンヒョンパートまで、ミノがキーくんを後ろから手取り足取り教えるみたいにずっと操作してて、その時に手を掴んでたんだけど、ミノがキーくんの指をにぎにぎしててキーくんが「なにして…?」って顔でミノ見てて…


なんですかあれは。2人の代わりに誰か説明してください。怒ってます!!!いつもなら何もしないオニュさんに癒されタイムな私をミンキに全部持ってかれて怒っています!!!キーくん、やめてよー!てなるんだと思ったのに、なにしてるの?って感じで見てて照れちゃったよ私が!!!!!より一層小さくなったキーくんがミノにしっかりホールドされてて…1日目のあの衣装のミノ見た時、体格香取慎吾じゃない!?とはしゃいでた私はモウイナイ。



___________



1日目にテミンちゃんに冷たくないですか?って言われたからか長くなってたジョンヒョンの挨拶
「今日はありがとう⤴︎さいたまは4ヶ月振りくらいで、前は韓国語バージョンでやりましたよね?ㅎㅅㅎ」
客席「やってないよ!ペンミ!」
「ファンミだって!⌒⌒」
「すみません…ㅎㅅㅎ」

中々上手く行かないね最高に愛おしいね。


___________



あとはジョンヒョンの襟直すオニュさんとか、飲んだ水ジョンヒョンに返されるオニュさんとか、ジョンヒョンが椅子に水放置しようとするのをすぐに救出するオニュさんとか、Get The Treasureの時の寝っ転がるところでオニュさんの手を探すジョンヒョンとか、どりごるでぐらんぐらん揺れて倒れそうになるマイクをピタッと止めるオニュさんとかめりみゅでダンサーさん達にグッドしてるオニュさんとかえびばででジャケット先に脱ぐやる気まんまんのオニュさんとか…にうわぁぁあん!となってました。


しゃいにちゃんのライブのすごいところは、やっぱり楽しいな〜好きだな〜を毎回感じさせてくれるとこだな〜て思ってます。最後のはけ方に賛否両論あるし、やっぱこれはないよね〜と言いながら帰っていく方を見たりしたので最高な中身だけに…!と思うし、最後に美味しいご飯食べてくださいね⌒⌒とか聞きたい気持ちもあるけど、妖精が森に帰って行くのを見送る気持ちで手を振ると夢のような時間を与えてもらったのだと心が落ち着くのでおすすめですよ(洗脳タイプの)


とにかく!
残りの公演も怪我なく無事に終われますように〜!

푸른밤 종현이었습니다.


4月2日をもって、푸른밤 종현입니다が終わりました。
終わってしまいました。

쫑디がジョンヒョンに戻りおんおん泣いてました。
完全につられてギャン泣きしました。
ギャン泣きしながら、泣くならやめなきゃいいじゃないかと思いました。そういうことじゃないんですけど、わかってるんですけど、こんなに大事にされて、大事にしてて、愛されて、愛してるのにどうして終えなきゃならぬのだと思ってしまいました。

それくらいこのラジオが大好きです。

푸른밤を終えてから日本公演に来てたこともありました。そんな時、こんなスケジュールでずっと持つのかななんて思いながらも、終わることなんて考えてませんでした。쫑디の発言の一部だけが切り取られて波紋を呼んだこともありました。まっすぐな彼の心がこれ以上傷つきませんようにと願いながらも푸른밤が終わればいいとは思えませんでした。大変で辛い記憶以上に、幸せが多くあったからだと思います。

푸른밤は非現実なこともより日常的で身近なテーマが多く誰もが寄り添える時間だった気がします。音楽の話や恋愛、日常の悩みから夢の話、その日の天気の話だって쫑디は楽しそうにしていました。そんな近い存在だったからこそ、無くなることのないテーマだったからこそ終わりを予測できなかったのかもしれません。

ヨンベさんがこんなことを言ってました。
「友達が転校しちゃうような気分」だと。まさしくそんな感じです。近い存在が突然いなくなってしまう。いつも横で話していたのに、ここに来れば会えたのに。止めることも出来ずにただ悲しい。だって仕方のないことだから、どうこういって解決出来るものじゃないから。だから辛い。この気持ちもどうしようもないですね。



물리적 공간은 날 지배하지 못하지만
物理的空間は僕を支配できないけど
심리적 공간은 나의 모든 것을 지배한다.
心理的空間は僕の全てを支配する。

처음 라디오를 시작했을 때
ラジオを始めた頃
나는 그런 공간을 만들고 싶었다.
僕はそんな空間を作りたかった。
당신이 물리적으로 어디에 있든
あなたが物理的にどこに居ても
우리가 함께 할 수 있는 심리적 공간을.
僕らが共に居られる心理的空間を。


全ての言葉を理解することが難しくても、毎日聴くことが出来なくても、同じ空間にいれたことが幸せでした。ラジオを始めて大好きな音楽を前以上に発信することが出来て、歌を披露することが出来て色んな想いを分け合うことが出来て、、少し悲しい思い出もあったけどいつでも真っ直ぐに、DJジョンヒョンとして向き合ってる姿が大好きでした。人はそれぞれだから色んなことを色んな人が思って当然なんだって何度も繰り返す쫑디に、何度も救われてました。正解を話すのとは違って、誰の居場所にもなれるようにそこに居てくれました。쫑디の言う心理的空間の中に居ることができました。



「僕は出来ないことを言うタイプではない」

最後の放送で쫑디が言っていました。不安にさせないように3週間の間に何度もまたすぐに会えると言ってくれました。それは安心させるためだけに言ってるんじゃないと言いたかったのかもしれません。必ず戻ってくると、ミノくんにもはっきり言ってくれました。食い気味に、とても食い気味に。

さぁそれまで待ちますか。

とすぐに思うことは難しいけど、大切にしたいですよね、쫑디が大切にしてくれた空間を。


3年間、本当に本当にお疲れ様。
大好きな時間帯に、大好きな声と一緒に過ごせて幸せでした。푸른밤のおかげで大好きな人たちも増えました。聴く曲が増えました。いつもその場所にいてくれて、あたたかい声を聴かせてくれて、最後に、悲しいんだと泣いてくれてありがとう。大切にしてくれてありがとう。
はやく、なるべくはやく帰ってきてほしいです。それでもきっと遅かったねと迎えてしまいそうなくらい、ラジオの似合う人だから。



푸른밤 そして쫑디
ありがとう。




수고했어요 쫑디. 2014.2.4~2017.4.2

DJ 종현の言葉



________



공간이란 어떤 의미일까
空間とはどんな意味なのか
나의 위, 아래,양옆
僕の上、下、両側
그리고 내가 발을 대고 있는 땅바닥까지.
そして僕が足をつけてる地面まで。
나를 둘러싼 모든 것은 공간을 이루고 있다.
僕を囲んだ全てのものは空間を作っている。

이들이 만들어 낸 물리적인 공간들,
人々が作り出した物理的な空間、
홀로 누웠던 나의 방,
1人横になった自分の部屋、
하루를 마무리하고 집으로 돌아가는 차 안,
1日を締めくくり家へと帰る車内、
크게는 교실,학원,회사,어떤 거리,
教室、塾、会社、ある通り、
어떤 도시,어떤 나라,어떤 행성.
ある都市、ある国、ある惑星。

물리적 공간은 참 정직하다.
物理的空間はとても正直だ。
항상 눈과 귀,온몸으로 느껴지고
いつも目と耳、体温で感じて
공간의 변화는 감각을 통해 바로 전해지니까.
空間の変化は感覚を通じてすぐに伝わるから。

공간에서 가장 큰 부분을 차지하는 건 무엇일까.
空間で最も大きい部分を占めるのは何か

곰곰이,그리고 차분히 생각해보니
じっくり、そして落ち着いて考えてみると
내가 모든 감각을 통해 인지되는 공간에
自分の全ての感情を通じて認知される空間に
가장 큰 영향을 주는 것은 심리적 요소이다.
最も大きな影響をもたらすのは心理的要素である。

비슷한 하루를 보내고
似た1日を過ごし
언제나 같은 방에 있는 같은 침대 위에서
いつも同じ部屋にある同じベッドの上で
같은 향을 맡고 누워 있었으나
同じ香りを嗅ぎ横になっていたが
때로는 후희와 슬픔의 눈물이,
ある時は後悔と悲しみの涙が、
때로는 기쁨과 환희의 여운이
またある時は嬉しさと歓喜の余韻が
나의 공간을 채웠다.
僕の空間を満たした。

어느 외국의 호텔에서,
ある外国のホテルで、
그 도시의 생경한 야경에
その都市のぼんやりとした夜景に
나의 추억들이 불려나왔던 적이 있다.
僕の記憶の数々が呼び起こされたことがあった。
홀로 누워 있었지만 전혀 춥거나 외롭지 않았고
1人横になっていたのに全然寒くも寂しくもなくて
까슬거리던 이불은 어머니의 손길처럼 부드럽게 변했다.
ざらざらとしていた布団はお母さんの手の平のように柔らかく変わった。
아직도 그곳을, 그 시간을 기억한다.
未だにあの場所を、あの時間を覚えている。
그 순간 그 공간을 채웠던 모든 것들을 떠올린다.
あの瞬間あの空間を満たした全てのものを思い出す。

물리적 공간은 날 지배하지 못하지만
物理的空間は僕を支配できないけど
심리적 공간은 나의 모든 것을 지배한다.
心理的空間は僕の全てを支配する。

처음 라디오를 시작했을 때
ラジオを始めた頃
나는 그런 공간을 만들고 싶었다.
僕はそんな空間を作りたかった。
당신이 물리적으로 어디에 있든
あなたが物理的にどこに居ても
우리가 함께 할 수 있는 심리적 공간을.
僕らが共に居られる心理的空間を。

그곳은 누군가가,
その場所は誰かが、
그리고 내가
そして僕が
언제든 편히 쉴 수 있는 곳이길 바랐다.
いつでも楽に休める場所であるように願った。
내가 그리고 누군가가 힘들어서 쓰러질 것 같을 때,
僕がそして誰かが疲れて倒れてしまいそうな時、
혹은 쓰러지고 말았을 때
あるいは倒れてしまった時
서로의 등을 따뜻하게 쓸어주는 공간을 만들고 싶었다.
お互いの背中を温かくさすってあげられる空間を作りたかった。

푸른밤 속에서 3년,
青い夜の中で3年、

나에게 이 공간은 엄청난 세계가 되었다.
僕にとってこの空間はものすごい世界になった。
이곳을 찾은 이들은 내가 겪어보지 못한
この場所を訪れた人々は僕が経験することが出来なかった
많은 일들을 알려줬고,
多くの物事を教えてくれて、
나도 내가 알고 경험한 것들을
僕も自分が知る経験したことを
그들에게 거리낌없이 털어 놨다.
その人たちへ率直に打ち明けた。

공간이란 참 묘하다.
空間とはとても変だ。
앞으로도 나는 12시가 되는 순간부터
これからも僕は12時になる瞬間から
우리들의 밤이 더욱 푸르게 짙어가는 2시까지
僕らの夜がさらに青く更けていく2時まで
누군가와 함께 이 공간에 있겠지
誰かと共にこの空間にいるんだろうな
서로의 이야기를 나누고 우리의 공간을 키워 나가면서.
お互いの話を交わし僕らの空間を育んでいきながら。

어찌하면 좋을까 이리 커진 나의 공간을...
どうすればいいのか こんなに大きくなった僕の空間を..

쏜살같이 지나가 버린 푸른밤에서의 3년은
脇目も振らずに過ぎてしまった푸른밤での3年は
내 인생에 엄청난 공간을 만들어 냈다.
僕の人生にとんでもない空間を作り出した。
이곳은 나에게 소속감과 동질감을 느끼게 해 주었고
この場所は僕にとって所属感と同質感を感じされてくれ
우리는 함께 한다고 맏게 해줬다.
僕らは一緒にいるんだと信じさせてくれた。
아니,우리는 이곳에서 늘 함께였다.
いや、僕らはこの場所でいつも一緒だった。
지구 반대편에서도 이 공간을 공유할 수 있었고
地球の反対側でもこの空間を共有出来たし
12시가 아닌 다른 시간 대에서도 우린 같이 있을 수 있었다.
12時ではない異なる時間帯でも僕らは一緒にいることが出来た。
물리적인 것들은 우리의 공간에 아무런 상관이 없었다.
物理的な物事は僕らの空間に何の関係もなかった。

앞으로도 그랬으면 한다.
これからもそうだといい。
나와 당신의 공간,
僕とあなたの空間、
우리의 공간인 푸른밤이
僕らの空間である푸른밤が
누구나 편히 쉴 수 있는 곳으로 남아있길.
誰でも楽に休める場所として残りますように。
함께한 기억들이 추억으로 살아나
共に過ごした記憶が思い出として蘇り
당신을 안아주길.
あなたを抱きしめますように。

우리의 공간을 만드는 데 함께해 준
僕らの空間を作るために共に過ごしてくれた
모든 분에게...
全ての方に...

감사합니다.
ありがとうございます。


푸른밤 종현입니다!

広告を非表示にする

커피소년:내가 니편이 되어줄게


누가 내 맘을 위로할까
誰が私の心を慰めるのかな
누가 내 맘을 알아줄까
誰が私の心を分かってくれるのかな
모두가 나를 비웃는것 같아
みんなが私を嘲笑ってる気がするの
기댈 곳 하나 없네
頼れる場所一つないね

이젠 괜찮다 했었는데
もう大丈夫だって言ってたのに
익숙해진 줄 알았는데
慣れたと思ってたのに
다시 찾아온 이 절망에
また訪れたこの絶望に
나는 또 쓰려져 혼자 남아있네
私はまた倒れて1人残ってるのね

내가 니 편이 되어줄게
僕が君の味方になってあげるよ
괜찮다 말해줄게
大丈夫 言ってあげるよ
다 잘될거라고 넌 빛날거라도
全部上手くいくと 君は輝くと
넌 나에게 소중하다고
君は僕にとって大切だと

모두 끝난것같은 날엔
全て終わってしまったような日には
내 목소릴 기억해
僕の声を覚えてて
괜찮아 다 잘될거야
大丈夫だよ 全部上手くいくよ
넌 나에게 가장 소중한 사람
君は僕にとって一番大切な人

이젠 괜찮다 했었는데
もう大丈夫だって言ってたのに
익숙해진 줄 알았는데
慣れたと思ってたのに
다시 찾아온 이 절망에
また訪れたこの絶望に
나는 또 쓰려져 혼자 남아있네
私はまた倒れて1人残ってるのね

내가 니 편이 되어줄게
僕が君の味方になってあげるよ
괜찮다 말해줄게
大丈夫 言ってあげるよ
다 잘될거라고 넌 빛날거라도
全部上手くいくと 君は輝くと
넌 나에게 소중하다고
君は僕にとって大切だと

모두 끝난것같은 날엔
全て終わってしまったような日には
내 목소릴 기억해
僕の声を覚えてて
괜찮아 다 잘될거야
大丈夫だよ 全部上手くいくよ
넌 나에게 가장 소중한 사람
君は僕にとって一番大切な人

내가 니 편이 되어줄게
僕が君の味方になってあげるよ
괜찮다 말해줄게
大丈夫 言ってあげるよ
다 잘될거라고 넌 빛날거라도
全部上手くいくと 君は輝くと
넌 나에게 소중하다고
君は僕にとって大切だと

모두 끝난것같은 날엔
全て終わってしまったような日には
내 목소릴 기억해
僕の声を覚えてて
괜찮아 다 잘될거야
大丈夫だよ 全部上手くいくよ
넌 나에게 가장 소중한 사람
君は僕にとって一番大切な人

푸른밤と共にㅎㅅㅎ


今回は〜〜長いですよ〜〜笑
久しぶりにブログ…?日記のような感じです。
푸른밤との想い出と今の想いを。


푸른밤の終わりを知ったのは発表された翌日のお昼休憩で、開いたツイッターのTLに並ぶRTされた呟きに最初はどういうことなのかわからず…あぁまた代理で誰かにお願いするのかな1週間とか。と思っていたから翻訳された方の呟きを見てもう綺麗に頭が真っ白。呑気にカフェでサンドウィッチを頼みゆっくりしようと思ってたのに手がぶるぶる震えて。

そんなに푸른밤に思い入れがあんのか?と聞かれたら、めちゃくちゃにある。 自分の変化に影響与えたラジオ。もちろん韓国に留学してからもそうだけど、その前が特に、ある。

韓国に留学したいので。と会社をやめて掛け持ちでバイトをしていた頃、一刻も早く留学に行きたくてとにかく頭はそれだけで夜に行って朝に帰ってきて昼まで仕事をして…という生活は、人と会うこと、喋ること、でストレスを解消していた自分には大地獄だった。貯金生活も同じ。好きなものが買えない、ライブも控える。やりたい事のためなら当たり前のことばかりだけど、唯一の楽しみを奪ってまでやることなのだろうかと。
そもそも自分はどうしても留学がしたかった訳じゃなくて、ただ会社を辞めたくて、ただその生活から抜け出したかったんだと今になってとてもよく分かる。だからこそ、辞めた後の方がずっと辛くて大変だった。

そんな時、푸른밤が始まって、最初は韓国語わからないしってリアルタイムどころか音声も聴いてなくて、回ってくる訳だったり解説に、シャイニーのジョンヒョンがやってるラジオとしての認識でテーマとかゲストとか全然分かってなかったな〜。ふと深夜の仕事の休憩中にジョンヒョンの声聴いてみようとつけると、ジョンヒョンの優しく穏やかな声に、天を仰いだ。今同じ時間に発信してくれてるという事実に、どうしようもなく有難くなって、暖かくて、ばかみたいに自分は辛いと思い込んでいたことがその声で、1人ではないんだとホッとして。それからは休憩中、休みの日になるべくリアルタイムで聴いて翻訳を読ませていただいたり、翻訳機にかけたりしていくうちに、푸른밤の内容が誰にでも起こり得ること、誰もが一度は考えるよう悩みだったり夢だったり。についてたくさん話してることを知って、そこでのジョンヒョンがとても生き生きしている気がして、ジョンヒョンが大好きな場所という認識に変わった。

そこで流れるジョンヒョンが作る曲は優しく包み込んでくれるものが多くて、特に하루의 끝は自分の帰り道のお供になってて、"お疲れさま"の言葉がこんなに染み込むことがありますかと笑ってしまうほど、疲れ切った脳に響いて。そうやって푸른밤を聴いてるうちに韓国語がもっと好きになってどこで生きてたってみんな同じような悩みを抱えたりくだらないことを考えたりしてるんだと、明らかに仕事辞めた頃よりも韓国への興味が増し、韓国語への意欲が高まって、留学に行きたい気持ちが強くなっていた。
푸른밤が寄り添ってくれてたから、私は韓国留学を実行に移せたし韓国語が好きと胸を張って言えたんだと思う。

だからこそ私にとって푸른밤は大好きなシャイニーのメンバーがやってるラジオ。じゃなくて、大好きなラジオを大好きなシャイニーのメンバージョンヒョンがDJをしてるという感じで留学前から大好きで、居場所のような場所だった。


目処が立ち留学を決めた時、既に푸른밤は一年が経っていて、 番組の雰囲気を大切にゆっくり話すジョンヒョンは少しトーンもペースも上がってゲストの方たちとの掛け合いも楽しそうで。

留学当初は勉強についていくのに必死で푸른밤をリアルタイムで聴くことは少なかった。しゃいにも追えてなかったなぁ…カムバしてたのに。とにかくやらなきゃ、ついていかなきゃと思う気持ちとは裏腹に言葉は出てこなくて聞き取れなくて。2.3ヶ月経った時、大家さんとの会話が上手く行かなくて、どうして他の日本人の子は上手なのに。と言われたことがあったんだけど。それがもう悔しくて悔しくて。大家さんはきっとそれも聞き取れてないと思っていたんだろうけど、何故だかそれはすんなり耳に入ってきて笑.. 自信を無くす一方だった頃、また푸른밤を聴き始めた。でもそれは癒しを求めてというよりは、勉強勉強勉強だ〜!その一心で。会話を聴いてはメモを取る。習った文法が出て来れば使い方をお手本にする。ジョンヒョンがよく使う文法を授業で使ってみる。といった感じで必死だった。なんとなく聞き取れるようになったのは半年過ぎてからだし、ヨンベ回なんてスピーディーかつ言葉遊びが多く聴き取れて2割がいいところ。それでもジョンヒョンの口癖を知ったり聴き取れれば嬉しくていつの間にか勉強が苦ではなかったし、大家さんの愛情に気づく心の余裕も出来て、それからまた푸른밤が私の楽しみになってた。

学校生活は楽しいけど、留学生という立場上節約は必要不可欠で外に出るとついつい使ってしまうからと友達とは学校で喋り倒して家での時間も増えて行った留学生活後半。 授業があろうと푸른밤。学校から帰ってきて少し仮眠をとって、起きて勉強してラジオ聴いて…ラジオ中心の生活に変わってた頃、푸른밤が2周年を迎えた。その時自分は3級で、始めに比べたら日常生活に不便はほとんどなくて、そんな気持ちがメッセージを送ろうかなという気持ちに変わって、深夜1時のロゴソング前、課題をやりながら送ったメッセージ。

쫑디こんばんは。私は韓国に住み始めて8ヶ月経つ日本人です。初めて푸른밤を聴いた時は全く韓国語が出来ませんでしたが、今はこうしてメッセージを書いて、楽しく聴いています。不思議です。私はここに休みに来ることが習慣になりました。これからもあたたかい声を聞かせてください。

読んでくれたのはこの部分。


푸른밤も聴いてくださって、韓国にもいらっしゃって時間を送ってるようですが푸른밤が勉強の助けになればいいですね。僕の発音がすごく良い方ではないので。僕の抑揚??こういうのは参考にならない気がするんですけどㅎㅎいずれにしても勉強に、そして韓国生活の中でくつろげる푸른밤になったらありがたいですね。

お返事はこんな感じ。


大げさでもなんでもなく、夢が叶った。と。幸せで、嬉しくて、自然に留学前のことや留学中の色んなことを思い出して、泣いた笑 勉強しててよかった。と心から思ったし、よく頑張ったぞ…と。そこで初めて勉強してる自分を褒めた。


それからすぐ韓国にお正月がやってきて。ソウルに人が居なくなると言われるほど、大事されてるこの行事は外国人の自分にはただお店の空いてない寂しい街に変わるだけのことなのだけれど、푸른밤にはジョンヒョンDJが居て。ジョンヒョンだって帰れてないのに働いて故郷に帰れないリスナーの為のコーナーも設けられていて、そこにみんな同じような環境で頑張ってると励まされてる人がいるんだと思うのは留学前自分がこのラジオに救われた気持ちと同じなんだなと。

そのコーナーはお正月なのに深夜アルバイトをしてる女の子(バイト明けに実家に帰ると話してた)との電話で、めちゃくちゃに斬新。バイト中の女の子と電話をして、お客さんが来たら電話が置かれ、ジョンヒョンの呼びかけ虚しく切られる電話…そのまま曲を流すも焦りすぎて曲紹介を間違えるジョンヒョンDJ。本当に涙流して笑った回で大好きなのだけど、日本ではあり得ないじゃないですか、そんな放送。でも嬉しいじゃないですか、こんな状況。改めて大好きだなぁって、無茶苦茶だけど誰かの為なんだよね。


だから大好きなんだな



..


さてちょっと振り返ってみます(突然



"明日も休みに来てください"

これは彼のいつもここに居ますからㅎㅅㅎ
を本当によく表してくれる締めの言葉。

2015年1月5日に初めてこれで締めて
次の日の放送で決まったことを教えてくれました。


「푸른밤の時間は誰かと会うような時間とは違って、休みながら聴いてる方、癒しを求めて聴きに来られる方もいらっしゃると思って、푸른밤を聴く時くらいはゆっくり休んでいただきたいと、そして、僕はいつもここに居ますから明日も休みにいらしてくださいと、これに決めました。どんな感じかわからないですね。僕辛かったんです、長い間…(푸른밤が始まって)11ヶ月経って決めたことですからね。10ヶ月過ぎて決めようとするうちに何がいいのか本当にわからなくなったんですよ。それでも僕の心が短い文章の中に入ってると思うので僕は満足していますㅎㅅㅎ」

それから2年間録音の日や、代わりを任せる日もあったけれど厳しいスケジュールの中で、毎日聴きたいと思う時に新しい話をしてくれる쫑디が居ました。

ジョンヒョンにとっての푸른밤の存在の大きさを知って、どれだけこの仕事を好きでやってて、長く続けたいのかが伝わってきたと同時に長くこの時間を一緒に過ごしたいと思いました。


20150525
「スケジュールをこなしてると、疲れる…行きたくないな。そう思うことがあります、人間ですから僕も。でもラジオはまだ一度もそう思った事がないんです。どんなに疲れていても2日寝れずに来ても…僕にとってこの푸른밤で過ごす時間自体が回復の時間になってるからそう感じるようですㅎㅅㅎ」



ジョンヒョンはラジオが似合う。
ジョンヒョンが푸른밤のDJになった頃ただなんとなくこう思っていました。それが聴いていくうちにはっきりとしたのは、あぁ人の話によく耳を傾けてるんだなぁと。ラジオって誰かと向き合ってるわけじゃないのにたくさんの人と繋がっててそれがファンだけじゃなくて、同じような悩みを抱えてる人、なんとなくボーッとしながら聴いてる人、ジョンヒョンを知らない人だって同じ空間に居て、そこで出てくる話をジョンヒョンは丁寧に読んで、一緒に考えてくれる。時にはどうしたらいいんでしょう…と考え込んで上手い言葉が見つからない時だってある。でもそれがその時の正直な気持ちで、曖昧な答えだったとしても嬉しくなるのはそこにジョンヒョンの"真っ直ぐに向き合う気持ち"を感じるからなんですよね。

쫑디の考えるラジオの魅力を聴き、交わすことを大切にしているんだもの、そりゃあ似合う…としみじみ思いました。


쫑디が考えるラジオの魅力はなんだと思いますか?
「すごくプライベートだということ?個人的なメディアですよね。とても不思議じゃないですか?僕はそれが一番の魅力的な気がします。個人的なメディアであると同時に多くの人が聴ける、そんなラジオで…何ていうかな、自分だけの空間?自分だけのラジオを聴く空間を作って、ラジオを聴く時間をとって、自分だけが知ってる話を送って、そういう個人的でいろんな思い出が集まる媒体だと思います。TVや映画、音楽のようなものもありますが、ラジオでだけ得ることのできる特有の、人間的な?個人的な?魅力があると考えています。」


__

そして、何と言っても私が大好きで大好きでたまらない火曜日。コヨンベコピソ回。初めて揃ったのは2014年の11月18日の回かな?初っ端からベラベラ話すヨンベさんに、「まず挨拶からしてください〜ㅎㅅㅎ笑」と優しく言うジョンヒョン…今はそんな気遣いは一切なく()そこがいいそこがすき。何と言っても楽しそうすぎ、面白すぎ、うるさすぎ。深夜なので静かにしてください、こんな感じ。あといつも思ってるのは、ヨンベさんはあのテンションで帰って寝てるの?寝れるの???どう思います?そもそもあの現場からすぐ離れてないでしょ???…とヨンベさんが気になるヨンベペンでもあるわけですが…ここにコピヒョンが居て緩和される雰囲気がまた。あと結構一緒にふざけるのも面白いんですよね。2人からツッコまれたり、何言ってるんですか?て扱い受けてる時に、君たちが!染めたんだろ!とツッコミたい系リスナーです。

カウントダウンが始まりあと3回という放送を聴きましたが、泣きそうになりましたwwwwいつも通りだからか終わらなそうな雰囲気が逆にキて。終わらないでよと思ってしまうんです。

かつて月曜日のオクダルオンニ回が終わった時も、それこそまた戻ってきますよって言いながら悲しむ雰囲気もなく終わったので本当に待ってたんですよ笑 この2人との回のジョンヒョンはとにかく逆らえなくて笑 何を言ってもお姉さん達にねじ伏せられる(言い方)いじられる、のに嬉しそう(ここ重要)
そして音楽の話になると歌手キムジョンヒョンとして向き合っていてお互い尊敬してるのがわかる関係性が大好きでした。その後何度も戻ってきてよTTと思ったのも今では懐かしい。


大好きなラジオ、大好きな会話、音声として残っているから聴けば懐かしく、その日に戻れる。まだ終わってないけど、ものすごく寂しいです。ジョンヒョンは笑って、またねって言えるように。と、残念だけどまた戻ってきますからと話してくれて、そうだよね。と思う半面、やっぱり4月からどこに休みに行けばいいの…という気持ちもあって。
確かに毎日聴けたわけじゃないし、全てを理解できてるわけじゃないけれど大切な場所です。
待ってる、いつでも戻ってきてね。を超える、終わらないでほしい。という気持ちをあと少しの時間で整理できるといいな。聴く聴くと思いながら、終わるという報告があった放送を聴けていなくて…このまま最後の放送まで聴けなかったら絶対後悔すると分かってるので…


手紙も書かなくちゃ、ですね。


ありったけのありがとうを伝えようと思います。푸른밤が大好きな人たちの気持ちがたくさん届くことも祈ってます。もう何書いたらいいかわからなくなってでっかく、サランヘヨ!とか書きたくなりますね、まじでㅎㅅㅎ

あと何回とか数えませんけど!
聴ける時はなるべくリアルタイムで聴いて、푸른밤と一緒に過ごしたいです。